女性が活躍する、新しい時代に。

無所属・新人

くめまみこ

生まれも、育ちも、これからも――。ずっと川越。

close

小島毬奈さん 助産師

くめさんは10代からの友人です。当時から面倒見がよく、キャリアウーマンとして憧れのお姉さんでした。今までとは全く違う分野に挑戦する彼女の姿は同じ女性として勇気をもらいます。私は現在、途上国で助産師として働いています。貧困、紛争、性被害などの問題に溢れる国から日本に帰ってくると、物質的には恵まれているのに、どこか元気がないと感じます。道ゆく人は皆疲れた顔をし、居酒屋では会社の愚痴ばかり聞こえ、テレビからは不倫、虐待、自殺のニュース。いつから日本はこんなに元気のない国になってしまったのでしょうか。また、少子高齢化、虐待、外国人増加、保育園問題など日本が抱える様々な問題から、まだまだ男女平等には遠いとも感じます。平成が終わり新しい時代に向けて、一歩踏み出す時が来ています。くめさんに川越から元気にしてもらいましょう。そして、もっと女性も活躍できると彼女が証明してくれるはずです。

くめまみこのコメント

小島毬奈さんは13歳も年下なのに大人びていて、何よりフットワークが軽く、ユーモアもたっぷり。定期的に食事をしたり、飲みにも行ったり。平井堅のライブもいい思い出です。助産師の勉強のため、快適な親元のマンションを離れて不便な寮に引越しした日。作業を進めながら、彼女の本気の覚悟と妹が巣立っていくような寂しさを感じたものです。あれから数年。彼女は「国境なき医師団」に参加し、難民救援だけでなく地中海捜索救助の支援にも力を注いでいます。パキスタンやイラク、シリアといった危険な地域でも、まるでキャンプにでも行くように旅立ち、帰ってきた時はひとまわりもふたまわりもたくましくなっている。世界で見てきたこと、体験したことを聞くたびに、自分はまだまだ狭い世界しか知らないのだと痛感します。しなやかに、たくましく頑張る彼女の存在は間違いなく、私の原動力です。

←TOPへ戻る